写真で水彩画を描いてみたTシャツ

ロベール・ドマシー(1859~1936)はピクトリアリズム写真を代表する写真家です。

19世紀末から20世紀初頭にかけて、写真は絵画芸術の一種と考えられていました。その為に考え出されたのが、絵の具とゴムを使って像を描画する「ゴム印画法」です。ちなみに我々が通常想像するモノクロ写真は「ゼラチンシルバープリント」と呼ばれ、酸化銀をゼラチンで紙の上に定着させて描画しています。

考えてみると現代では顔料をインクジェットで紙に吹き付けて描画しているので、100年経って再び写真はピクトリアリズムに戻ってきたのかもしれません。

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 定形外郵便

    保障や追跡サービスがないことを予めご了承ください。

    全国一律 300円

※30,000円以上のご注文で送料が無料になります。

※この商品は海外への発送は行なえません。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価